• TRYworks 株式会社トライワークス

特定技能 支援に関する運用要領

ようやく3/20に、法務省よりガイドラインとして、

特定技能特定技能外国人の受け入れと支援の運営要領が発表されました


支援機関の設立をする我々としてまず支援計画の運用要領から整理します


特定技能支援計画内容

1 事前ガイダンスの提供

  義務 1業務内容・労働条件に関する事項の説明

     2日本で行える活動の内容の説明

     3入国手続きに関する事項の説明

     4保証金の聴取がないか違約金を定める契約をしてないかの確認

     5取次機関等への支払いがあれば内訳を理解し合意してるかの確認

     6特定技能の支援について、直接・間接に費用負担させてないことの説明

     7飛行場から企業まで送迎する必要があることの説明

     8住居の確保の内容と、負担すべき金額についての説明

     9職業・日常・社会生活に関する相談できる体制の説明

  任意 1入国時の日本の気候

     2持参すべきもの、持参した方が良いもの、持参してはならないもの

     3入国後当面必要となる金額とその用途

     4特定技能所属機関から支給されるもの

  留意 ◎事前ガイダンスはネットによる対面での実施すること

     ◎事前ガイダンスは外国人が理解できる言語で説明すること

     ◎事前ガイダンス後は就労前でも相談に応じることが望まれる

     ◎飛行機代や当面の生活費等貸付は可能

     ◎事前ガイダンス終了後に確認書署名が必要 参考様式1-7号

2 出入国する際の送迎

  義務 1入国時の送迎

2出国時の送迎は保安検査場入場確認まで必要

任意 1国内にて在留資格変更時は、入国時の支援対象外だが

      円滑に到達できるよう支援が望まれる

留意 ◎送迎費用は、特定技能所属機関が負担する

◎一時帰国は含まれません

3  適切な住居の確保に係る支援・生活に必要な契約に係る支援

  3-1適切な住居の確保に係る支援

  義務  1住居の確保について次のいずれかを行う

      ①当該外国人に同行し、住居探しの補助を行う

       必要であれば、特定技能所属機関が連帯保証人になる

       保証業者を利用する際は、特定技能所属機関が緊急連絡先になる

      ②特定技能所属機関が賃借人となり、合意の下、住居として提供する

      ③特定技能所属機関が所有する社宅を、合意の下、住居として提供する

  留意 ◎居室の広さは1人当たり7.5㎡以上を満たすこと

      ただし技能実習2号から移行時既に確保している社宅の場合を除く

  任意 1雇用契約の解除・終了後、次の受入先が決まるまでの間

      支障が出ないようにすることが望まれる

  3-2生活に必要な契約に係る支援

  義務 1銀行その他金融機関の口座開設

     2携帯電話利用に関する契約

     3電気・ガス・水道等のライフラインの契約

  任意 1契約内容の変更や解約を行う時も補助が望まれる

  留意 ◎技能実習2号から移行時既に口座開設等出来てる場合を除く

4 生活オリエンテーションの実施

  義務 1入国後遅延なく実施すること

     2外国人が理解できる言語で説明すること

     3少なくとも8時間以上行うこと

  留意 ◎生活オリエンテーション終了後に確認書署名が必要 参考様式1-7号

  生活一般に関する情報提供内容

   ①金融機関の利用方法

   ②医療機関の利用方法

   ③交通ルール

   ④交通機関の利用方法

   ⑤生活ルール・マナー

   ⑥生活必需品の購入方法等

   ⑦気象情報・災害情報の入手方法等

   ⑧我が国で違法となる行為の例

  履行しなければならない事項に関する情報提供内容

   ①所属機関等に関する届け出

   ②住居地に関する届け出

   ③社会保障及び税に関する手続き

    ア 社会保障に関する手続き

    イ 税に関する手続き

    ウ マイナンバー

   ④その他行政手続き

   留意 ◎必要に応じ窓口に同行し円滑かつ適切に進める

  相談・苦情に関する情報提供内容

   ①支援担当者の氏名・電話番号・メールアドレス

   ②地方公共団体の機関の連絡先

    ア 地方出入国在留管理局

    イ 労働基準監督局

    ウ ハローワーク

    エ 法務局・地方法務局

    オ 警察署

    カ 最寄りの市区町村

    キ 弁護士会・法テラス

    ク 大使館・領事館

  医療機関に関する情報提供内容

   ①通訳人が配置されている等外国人対応の病院

   ②民間医療保険への加入案内

  防災・防犯に関する情報提供内容

   ①トラブル対応や火災の予防

   ②緊急時連絡先 警察・消防 大使館 領事館他

   ③避難勧告の把握方法・災害時の避難場所

  出入国・労働に関する情報提供内容

   ①入管法令及び労働法令

   ②入管法令違反時の相談先・連絡方法

   ③労働法違反時の相談先・連絡方法

   ④特定技能雇用契約違反時の相談先・連絡方法

   ⑤人権侵害時の相談先・連絡方法

   ⑥年金受給権に関する知識及び脱退一時金に関する知識

5 日本語学習の機会の提供

  義務 1次のいずれかの支援を行うこと

      ①地域の日本語教室や日本語教育機関に関する入学案内

      ②自主学習の為の教材やオンラインの日本語講座の情報提供

      ③外国人合意の下で、特定技能所属機関が日本語講師と契約

  任意 1職員による日本語指導・講習の積極的な企画・運営を行う

     2日本語能力試験の受験支援や資格取得者への優遇措置を講じる

     3日本語教室や教材費の一部負担等経済的支援

6 相談又は苦情への対応

  義務 1職業・日常・社会生活に関する相談・苦情を受けたときは

      遅滞なく適切に、内容に応じて助言指導すること

     2必要に応じ適切な機関を案内し、同行して必要な手続きを行うこと

     3相談・苦情への対応は外国人が理解できる言語で行うこと

  任意 1相談窓口情報を一覧にして渡しておく

     2事務所等に相談窓口を設けたり、専用の電話番号メールアドレスを用意

     3仕事・通勤上の怪我・病気又は死亡時に、家族に労災保険制度の手続補助

  留意 ◎相談・苦情の対応は、個人情報の保護と相談者が不当な扱いを受けないこと

     ◎相談・苦情の対応は、平日3日以上、土曜日曜のうち1日以上に対応し

      相談しやすい就業時間外にも対応できることが求められる

      メール等により可能な限り休日や夜間においても対応可能な体制を整える

     ◎離職が決まった後も、契約中は、相談・苦情に対応すること

     ◎相談・苦情の対応時は、相談記録書に記録が必要 参考様式第5-4号

      また関係行政機関への相談又は通報を行ったものは

      当該外国人の支援状況に係る届出書に記載必要 参考様式第4-3号

7 日本人との交流促進に係る支援

  義務 1地方公共団体やボランティア団体等が主催する地域住民との交流の場

      に関する情報の提供、各行事への参加補助

     2日本の文化を理解するための必要な情報として、地域の行事に関する案内

  任意 1参加するにあたっての有給や勤務時間への配慮

     2外国人が地域社会で孤立しないように特定技能所属機関等が率先して

      交流の場を設けていくよう努めることが望まれる

  留意 ◎季節の行事などをとらえる等年間を通じて行う

8 外国人側の理由ではなく特定技能雇用契約を解除される場合の転職支援

  義務 1人員整理や倒産等による受入側の都合で契約解除するときは

      次のいずれかの支援をおこなうこと

      ①次の受入先の情報を入手し提供すること

      ②ハローワーク等職業紹介事業者を案内し必要に応じて同行補助を行うこと       ③希望条件・技能水準・日本語能力等を踏まえ推薦状を作成すること

      ④特定技能所属機関等が職業紹介事業を行うことができる場合は

       就職先の紹介あっせんを行うこと

     2求職活動を行うための有給休暇を付与すること

     3離職時に必要な行政手続きについて情報を提供すること

     4特定技能所属機関が支援を行ってる場合に支援が継続できない時は

      代わって支援する者、登録支援機関等を確保すること

  留意 ◎可能な限り次の受入先が決まるまで支援継続すること

      当該外国人の支援状況に係る届出書に記載必要 参考様式第4-3号

9 定期的な面談の実施、行政機関への通報

  義務 1外国人及び監督者(直属の上司や雇用先の代表)への定期的(3か月に1回以上)

      に面談を実施すること

     2生活オリエンテーションの情報を改めて提供する

     3外国人が理解できる言語で実施すること

     4面談時に労働基準法違反を知った時には通報すること

     5面談時に入管法違反を知った時には通報すること

  任意 1通報を行いやすくするために、関係行政機関の窓口一覧を手渡ししておく

  留意 ◎面談の記録記載必要 参考様式第5-5号 5-6号



1回の閲覧

TRY  株式会社 トライワークス

©2019 by 株式会社 トライワークス Proudly created with Wix.com