TRY  株式会社 トライワークス

©2019 by 株式会社 トライワークス Proudly created with Wix.com

エンジニアの御案内

エンジニアの条件

在留資格「技術・人文知識・国際業務」ビザの中で「技術」を取得して

働く外国人技術者をエンジニアと呼んでいます。

基本的なビザの取得条件を簡単に書きますと

次のいずれかに該当していること

  1. 業務に関連した理系の科目を専攻した大学を卒業している

  2. 10年以上の実務経験がある

  3. 日本の情報処理技術者試験に合格していること

次の条件を、満たしていること

  1. 技術職であること

  2. 日本人と同等の報酬であること


 

エンジニアのメリットとデメリット

 

メリット1 高学歴である

先ほどのビザの条件でわかるように、エンジニアとして求職される方は

理系の大学を卒業後に企業で働き、日本へ行く為に日本語学校に入った人ですので

実習生と比べると、ベトナム国内でも学歴の高い方の人達です。

​​

メリット2 直接雇用である

実習生との違いは、後ほどより詳しく記しますが、エンジニアに関しては

求人者と、求職者の直接雇用です。

求人票を受理してから、面談して内定を決めれば

平均3ケ月で、入社できます。

メリット3 雇用期間に制限がない

ようやく日本の仕事にも慣れたのに、ビザの期限が切れて帰国してしまう

そういう心配は不要です。

エンジニアビザも、1~3年ごとに更新は必要ですが、上限はありません。

また家族の呼び寄せも可能ですので、お互いに気に入れば

ずっと戦力として働ける環境を作ることができます。

メリット4 管理費が不要である

給与に関しては、日本人と同等という規定がありますが、

それ以外、実習生では必要な、管理費や組合費等は必要ありません。

通常の雇用関係で働いてもらいます。

メリット5 今はまだ募集すれば人が来てくれる

国内のハローワークや求人誌に、求人を出しても、

殆ど問い合わせもなく、面接にも来てくれない。

費用をかけても、時間と労力の無駄になる。

その点ベトナム国内には、まだ人材が豊富で、

日本で働きたい、頑張って仕事を覚えたい

そう言ってくれる人が、今はまだいます。

しかし今後門戸が開かれていくに従って

取り合いになるのは、目に見えてますので

早めの決断が、必要かと思います。

デメリット1 転職が可能である

日本人でも転職を繰り返す人はいますが、

外国人もあまり転職には抵抗がありません。

下手な転職をすれば、次のビザ更新が出来なくて

自分で自分の首を絞めてしまうのですが

ネット上で言葉巧みに今より稼げると

派遣や期間工に誘う、同国人のブローカーがたくさんいます。

違法な方法で縛ることはできませんが、少しでも転職を抑制する方法は

現在雇用してる立場からも、お伝えさせてもらいます。

また来日後も、言葉にできない中でエンジニアに

不安や不満が無いか、聞き取り等サポートしていきます。

デメリット2 初期の世話は必要

言葉のわからない国を、旅行するのも大変ですが

そこで働くことを想像してみてください。

生活の術も、役所の手続きも、生活習慣の違いも、ビジネスマナーも

仕事を教える前に、教えないといけないこともたくさんあります。

ここまで読んでもらえばわかると思いますが、ビザの申請を除けば

昔田舎の若者が都会に集団就職してたのをイメージしてもらえれば

よいかと思います。さらに言葉の壁や、生活習慣の壁はありますが

それは異国へきて働くベトナム人の方にも、大きなプレッシャーになって

悩んだり、体や心の不調を起こしたりして、トラブルの火種になります。

壁を乗り越えるお手伝いは、弊社でしっかりサポートさせていただきます。

​また外国人の就労には、業務に関する事柄や雇用の契約内容

雇用する企業の財務体質等、入国管理局の厳格なチェックがあります。

誰でもいつでも申請すれば直ちにビザが発行されるわけではありません。

弊社では、ベトナム国内の日本人学校・専属の行政書士と連携し、

企業様個別の事案に、相談から来日入社されるまでを、迅速にスムーズに行い

入社後のケアについても、しっかりとサポートさせていただきます。

エンジニアの受入までの流れ

面接は現地での面接も可能です(実費負担となります)。

住居については、来日後に速やかに働いてもらうためにも、企業様が事前に借りておき、

生活必需品も立替で用意してあげて、必要経費を二年程度で割って家賃に組み込み、控除する方法が一般的です。
家賃は、シェアして安く上げたい人が多いので、6畳に2人で1人あたり2~3万程度光熱費別程度が目安になります。
**ベトナム人にとっても、ネットは必需品ですので、WIFIの契約もお願いします。

必要書類について

書類申請、入国管理局の方が、最近とても混雑しており時間を取られますので

書類の準備はお早めにお願いします。

会社案内もホームページも、お持ちでない企業様には

オプションで作成サービスも用意しております。

必要経費について

面接~在留申請 空港から企業様までの送迎までの全てを含みます。
紹介料は来日し、就労を確認した後に頂戴いたします。
3ヶ月以内に、自責により退職した時は、紹介料全て返還致します。

オプションの御案内

弊社では外国人材の紹介にあたり、紹介するだけでは不十分だと考えて、オプションサービスを設けております。
その他にも年間契約で支援するサービスや、翻訳のサービス等用意しています。